設計中
 
   Lei木杢ki (レイキモッキ)      の誕生

11

紅葉がとても綺麗です。

センリョウの赤い実が沢山
なっています。ちゃんと季節が
分かっているのですね。

12月になって玄関ポーチに移動した鉢植えのモミの木は5代目になります。
3代目の木は地植えにしたら7メートル近い大木になってしまいました。

1

マンリョウの実も沢山
なっていました。さすがに
名前の通りセンリョウより
重そうに見えます。

増田建徳建築設計室
11月中旬頃が一番
美しく、二階の窓からも
真赤に色づいた葉が見え
ていました。

ヤマボウシやハナミズキの
紅葉は本当に見事です。

庭の春は、黄色い花から始まります。

年が明けて、とっても寒い冬です。栃木では雪はあまり降りませんが
からからに乾燥した冷たい空気の中で、植物もじっと我慢しているようです。
家の中では、鉢植えの花が綺麗に咲き誇っています。見ていると温かい気持ちになります。

これは『ワークスみぎわ』の
クリスマスツリーです。
木で出来ていて可愛い飾りもいっぱい
付いています。見ていると本当に丁寧に
作っているのがよくわかります。
こんなツリーを部屋に飾ると
世界中の子供達が幸せなクリスマスを
すごしてほしいと心から願わずには
いられません。

6になると、ベリー類が熟してきます。甘酸っぱい初夏の味です。

7

は、とても暑くて庭の手入れが行き届きません。虫がついたり病気が出たりで
自己嫌悪におちいってしまいました。気がつくとブラックベリーやブルーベリーが熟していました。

コメツガの緑
メグスリの赤
クロモジの黄

2

バラの写真を撮るのが日課になり
並べていったら図鑑のようになって
しまいました。とりあえず、別のページ
に引越しさせることにしました。
冬場に植え替えをしていて、名前が
判らなくなってしまったものがあります。
間違えてたらごめんなさい。

銀の森の家具達
案内図とアドレス
ワークスみぎわの木工品
家造りの体験記

2010年10月2日()・10月3日(

2011年7月16日()・7月17日(

2013年5月18日()・5月19日(

オープンハウス&オープンガーデン

2012年9月22日()・9月23日(

『銀の森』というのは設計室
の打合せ室の名前です。

増田建徳建築設計室では完成間際の現場見学を
受付けています。TEL 0282−23−2555

4には、スイカズラ科のロニセラと言うちょっと珍しいピンクの花やハナミズキの花が咲きました。

3には、玄関脇のミモザが満開です。

最終更新日2016年2月18日

ラズベリー

ユスラウメ

マルベリー

ジューンベリー

とち介窓?

    ロウバイ
本当にロウ細工みたい

サンシュウユ

マンサク

野鳥が種を運び実生で
花を咲かせたアセビ

とっても香りの良いヒイラギナンテン

ミモザの蕾はふくらんで
開花の時を待っています。
今年は少し遅いようです。

6月頃には、オレンジ色の実をつけます。

9

8
株分けして頂いた
サギソウの花が、
可憐に涼しげに
咲いています。

10

ミモザにも来年咲く蕾がついています。
アブラムシとカイガラムシに苦しめられ
この夏は大変でした。

には、春に綺麗な花を咲かせていたハナミズキやミルキーウエイの実が真っ赤に色づいてきます。
ハナミズキには実と一緒に蕾も付いています。

ハナミズキ

ミルキーウエイ

秋に咲くバラは小さく数も少ないのですが、
それだけに美しさが際立ちます。
よく咲いたねと褒めてあげたいです。

もうすぐ広葉樹は落葉してしまいます。そうするとクリスマスシーズンの到来です。
近々『銀の森』にも飾付けが始まります。これが楽しい反面結構な大仕事です。

クリスマスホーリーが
赤い実をつけました

のページへ・・・。

バラも次々咲き出しました。

5は、花盛りの季節です。ガーデンシクラメンや冬から咲いているビオラなどもまだ頑張っています。
本当に小さな庭しかないので、ほとんどが鉢植えかハンギングバスケットの中で精一杯咲いています。

枯れてしまったように見えたクレマチスや小さな宿根草が,春になり芽吹いてまた美しい花を
咲かせるのを見ると、その生命力に感動してしまいます。1年ぶりの再会の時です。

ミモザの実は豆状に
なっていて、短冊のように
ゆらゆら揺れています。

ヤマボウシの仲間の
ミルキーウエイという木の花が
たくさん咲いています。秋には
赤くて甘い実がなります。

12

になりました。モミの木と葉の落ちたヤマボウシには、イルミネーションを飾りました。
もちろん、家の中もクリスマスの飾りつけです。