畳の構造


 
畳は基本的に畳床、畳表、畳縁を縫い合わせてできています
畳表
畳の表面、一番上側の直接肌に触れる部分です。イグサという稲の葉に似た植物を綿や麻
の糸で織り合わせたものです。このような天然のイグサ畳表の代替品として科学表(PP使
用)や和紙でできた畳表も開発されています。 
畳床
畳の芯になっている部分です。昔はわらをギュッと圧縮して固められてできたワラ床が使用
されていましたが、今では大半のものが科学床、つまりインシュレーションボード(木片チップ
を固めたもの)とポリスチレンフォームで出来ています。
畳縁
畳の表と床の縫い付け部分を隠すために取り付けられる「ヘリ」「縁」です。素材はポリエス
テルのものが主流ですが、純綿、純麻、中には金糸の入ったものもあります。