IJKF試合形式 Rule

1 試合形式 全ての試合はリングで行う。セコンドは3名迄とする。

2 試合方法 個人戦、ワンマッチ方式、またはトーナメント方式。


3 試合着 選手はキックパンツ着用、上半身はTシャツ着用。その他、指輪、ミサンガ、鼻腔拡張テープ、ピアス、ブレスレット等を必ず外さなければ、試合を行う事は出来ないものとする。


4 注意事項

@虚偽の体重申告をした場合は、試合はさせるが、敗者となる。

A試合当日は、各団体責任者立会いもと、計量を実施する。その場合、試合の出来る服装で受験するものとする。

5 試合規約及び階級

@体重15kg以下A体重18kg以下B体重20kg以下C体重25kg以下上記は1分×2R インターバル30秒 延長1分

いずれも12オンスグローブを着用する。本戦で決着のつかない場合は、延長戦で勝者を決める。ドローはない。

D体重30kg以下E体重35kg以下F体重40kg以下G体重45kg以下

上記は1分30秒×2R インターバル30秒 延長1分

いずれも14オンスグローブを着用する。本戦で決着のつかない場合は、延長戦で勝者を決める。ドローはない。

H体重50kg以下I体重55kg以下J体重60kg以下K体重65kg以下L体重65kg以上

上記は1分30秒×2R インターバル30秒 延長1分

いずれも16オンスグローブを着用する。本戦で決着のつかない場合は、延長戦で勝者を決める。ドローはない。

◇上記いずれも延長戦でジャッジ3名が同点数の場合、主審であるレフェリーの判定権限勝者を決める。

6 勝敗

KO、TKO(レフェリー、ドクター、セコンドからのタオル投入)又は、相手の一方攻撃により、レフェリー、ジャッジが危険とみなした時(ダウン5秒)有効技 パンチ、キック、 ヒザ蹴り(6秒間とする)

※押しパンチ、両手押しはポイントにはならす、回数により注意減点

判定方法・ジャッジ3名で行われる。
・ジャッジベーパーを使用する。
・20点満点の減点法。0.5ポイント刻み。

※反則技に対しては次のとおりとする.
 各一回につき

@金的▲2P    Aヒジ打ち▲2P  B頭突き▲2P
C顔面へのヒザ▲2P Dサミング▲2P  E投げ技▲2P
F関節技▲1P   Gその他の反則▲1P


※但し、レフェリージャッジがその技に対し、危険度が極端に高いと判定した時は プラス加点出来る。当然、即時失格宣言もある。

※選手、セコンド、保護者からの採点に対しての意義申し立ては 一切受け付けない。
特に金的、ヒジ、ヒザ、後頭部に依る攻撃により、その選手の回復が見込まれない時、 又は統合の継続が不可能な時は、その加害者の反則負けとする。