栃木県南山岳協議会
マッシャーブルム登山隊2007

登山記録
マッシーャブルム峰 7,821m

               
セラック帯を登攀中の隊員

メンバー 粂川・大内・佐久間・片柳
2007年
6月 8日 成田発
6月 9日 イスラマバード着
6月12日 イスラマバードからスカルドに向け出発
6月15日 スカルドからフーシエに向け出発
6月17日 BCに向けキャラバンスタート
6月19日 4200mにBC設営
6月20日 登山活動を開始するが、下部セラック帯のルート工作に思ったより手こずる。さらに天候が       安定せず、先が心配である。
7月5日 5200mにABCが設営 ABCを基点に登山活動を行なうために積極的に荷揚げを行う。
      C1へはドームを越えおなければならず、雪崩をさけながらダイレクトに雪壁にルートを延ばす。
7月19日 6200mにC1設営
7月20日 C1よりスノープラトーをスノーシューを付け快適に登高し6750m(C2予定)に達するが時間切れとなる7月23日 BC撤収
7月29日 フーシエ、スカルドを経てイスラマバードに戻る。
8月 3日 成田着

今回の登山は天候がキーポイントであった。ちなみに活動期間中の活動(晴れ)比率は40%と大変厳しく、登頂はならなかったが、ルーと工作、荷揚げと本来の登山活動が出来たことが唯一の収穫だった。                                                           (大内)