羚羊山岳会 会則

 

第1章     総 則

第1条 本会は羚羊山岳会と称し事務局を会長宅に置く。

第2章 目 的

第2条1、山を愛し、自然を愛する者同士が山行を通じて会員相互の親睦を深め、登山技術の向上を図る。
2、山行を通じて、健康の維持、体力の増進を図る。
山の自然保護に取り組み、地域社会に貢献する。

第3章 会 員

第3条1、本会への入会には、山岳会の趣旨や山行内容、トラブルついての認識を理解した上で、入会の意思表示をする。

    2、本会への入会は、例会において承認を得た後、会費を納入し、規定の山岳保険手続きを経て完了とする。

    3、会員は、会の活動に積極的に参加し、体力、技術、知識の向上に努め、会運営のための役割を分担するものとする。

    4、本会の退会は、本人の申請に基づき、例会で承認を得るものとする。

    5、会員が会の会則に反する行為があった場合には、例会で協議して除名することができる。

第4章 役 員

第4条 本会に次の役員を設けるものとして、役員全員で役員会を構成する。

    会 長   1名     副会長  若干名

    会 計   1名     会計監査 1名

第5条1、会長は、本会を代表する。本会の運営に必要なすべての事項を把握し、円滑な

活動に必要な運営事務、業務を担当する。

     2、副会長は、会長の職務を補佐する。時に応じてその業務を代行する。

   3、会計は、本会の財務の全ては一任され、その責任に応じて会計を担当し、総会において会計報告を行う。

第6条4、役員の任期は、1年とする。但し再選はさまたげない。欠員が生じた場合は、役員会で適時処理する。

7条 役員は、立候補または推薦によって選挙で選出し総会で決定するものとする。

第5章 役員会

第1条 役員会は、本会の企画、立案、運営の審議機関であって、会長、副会長、会計等役員で構成される。

第2条 役員会は、必要に応じて会長が招集して随時開くものとする。

第6章 総 会

第1条 総会は、本会の決議機関であって、事業計画、予算、役員、会則の変更等を承認する。議事は、出席者の過半数の賛成をもって決し、可否同数の時は議長の決するところによる。

第2条 総会は、会長が招集する。

第7章 会 費

第1条 会員は、会費納入の義務がある。

第2条 会費は、上期2,000円、下期2,000円とする。但し同一家族は、2人目から半額とする。

第8章 会 計

第1条 本会は、会費その他の収入によってまかなう。

第2条 会計監査は、年1回監査を実施し、総会に報告しなければならない。

第3条 本会の会計年度は、毎年4月1日に始まり翌年3月31日で終わる。

第9章 山 行

第1条   山行については、会員一人一人が絶対に事故を起こさないという自覚のもとに、最善の注意を払った行動に心がけるものとする。

第2条   山行に参加する会員は、それぞれの山行に必要な事前準備、体力トレーニング、事前学習、事前調査に最善をつくし、自分の能力で山行可
能かどうかは自分で判断
して参加するものとする。

第3条   山行は、会員が自らの意志で参加するものであって強制されるものではない。したがって、山行中のトラブルも自らの責任において処置す
ることを原則とする。但し、
救助活動には全力を尽くす。

第4条   山行中の行動や計画変更は参加者全員の総意に基づくものとし、リーダーが最終判  断をするが、それに伴って生じたトラブルは参加者全員 が平等に責任を負うものとする。

第5条   山行計画は、事前に会長にメールで報告するものとする。下山後は、速やかにメー ルで報告する。

第6条 山行計画が、不適切な場合は、会長の権限で延期、中止を勧告することができる。

10章 附 則

1条 本規則は、平成25年8月1日から施行する。