アシタバ  セリ科  原産地・・・日本
撮影日:9月26日
伊豆地方や房総半島の海岸に自生している。夏に白い小花を密生させ直径が5〜6ミリと小さい。大きさや形は、パセリの花にソックリ。若葉を摘んでも、翌日には新しい葉が出てくることからその名が付いた。生命力あふれる植物と言われ、主な成分はカルコンで、不老長寿の妙薬とされている。