葉牡丹  アブラナ科  原産地・・・ヨーロッパ
撮影日:4月10日
黄色い花はアブラナ科特有のものだが、葉の色は白・黄・紫・紫紅・鮮紅・淡紅など色々ある。重なり合った葉が牡丹の花のように美しい ことから「葉牡丹」と言われ、 江戸時代から日本の正月飾りとして親しまれている。キャベツの変種で別名オランダ菜。もっぱら装飾用として栽培されている。