は す  スイレン科   原産地・・・インド
撮影日:8月28日
仏教とのかかわりが強く、寺院の池などに多い。下欄の紫色の花は、埼玉県加須市(旧北川辺町)に自生している珍しい鬼ばす。花の大きさは大人の親指くらい。花は普通16弁あり、花が終わったあと写真のような実が生る。皮をむくと白い実があり、ほんのりと甘く子供の頃はよく食べたもの。中国では強壮作用のある生薬として利用されている。蜂の巣に似ていることから、昔は「はちす」と呼ばれていた。