小 松 菜  アブラナ科   原産地・・・南ヨーロッパ
撮影日:3月14日
在来種のカブから出たとされ、花の形はカブにそっくり。東京江戸川区小松川付近から多く出たのでこの名がある。カロチン、ビタミンC、カルシウム、鉄分が豊富に含まれた緑黄色野菜。特にカルシウムが多く、レタスの10倍、ほうれん草の約5倍あります。あくが無いので味噌汁その他さまざまな材料になり、またクセもないので、おひたしや炒め物、みそ汁の具や煮魚のつけ合わせなど、さまざまな料理に使える万能選手。