ネ  ギ  ユ リ 科  原産地・・・中央アジア
撮影日:4月21日
花というより粒の塊みたいで、わが国でも古くから栽培している。白い部分より緑色の部分のほうが栄養価が高い。ビタミンCやカロチンが豊富なほか、ビタミンB1・B2、カルシウム、リンなども比較的多く含まれています。また、硫化アリルという独特のにおいには、食欲増進、疲労回復、風邪などの抵抗力をつける作用がある。