オカノリ アオイ科 原産地 中国

撮影日:5月17日
花は小さく、直径が約1センチで、花びらの縁が薄紫色の可愛いもの。晴れた日でないとパッと咲かない。初秋に種蒔きして、翌年の5月に咲いた。オカノリの名前の由来は、陸(おか)で作って、海苔みたいに火であぶって食べたことから来ている。実際に葉っぱを乾燥させてから、火であぶって食べると本当の海苔のような味がする。その他、浸し物、天ぷらなどにもよいようです。