山 芋  ヤマノイモ科  原産地・・・日本・中国・インド
撮影日:8月3日
夏に白い小花を穂状に付け直径が 2〜3ミリで小さい。茎は左巻きに絡みつき、雌雄異株。主な成分は糖質で、デンプンの分解酵素があるので消化を助ける働きがある。
山芋が鰻になる
物事が急に意外なものに変わることで、身分の低いものが急に成り上がることのたとえ。