なかなか治らない手の湿疹

 

俗に洗剤かぶれといわれますが、皮膚の表面についたいろいろな物質が原因になり、それに本人の手の性質が加わっておこります。なかなか、治りくい湿疹です。

日常の注意

・水仕事のさいは薄い木綿の手袋をして、その上からビニールやゴムの手袋をはめましょう。

・出来ない場合は洗剤は薄めて使いましょう。その際は熱いお湯は避けましょう。

・家事が終わったら、低刺激性の石鹸できれいに洗い、完全に水分を拭きとり、保湿力の高いハンドクリームをつけてください。

治療

・カサカサの部位には(医療用の)ハンドクリームを塗ってください。しみないかぎり回数は問いません。

・赤く、ぶつぶつし、痒い部位にはステロイドのクリームや軟膏を一日三回程度塗って下さい。

・上記二種類をかさねて塗ってもかまいません。

・われた部分には、きずとかかれた軟膏をまめに塗って下さい。

・ジュクジュクしている部位は布にのばした亜鉛華単軟膏を貼ることも有効です。

・ひどい場合には飲み薬も処方します。