周辺施設
本文へジャンプ

神明神社

           

 岡田記念館に隣接する神明神社です。岡田家の先祖が開拓した土地に神を呼び込むために江戸時代慶長3年(1598年)に創建しました。地域住民の精神的柱となっており、地域の行事の中心です。当主は代々この神社の氏子総代になっており、1月1日の元旦祭、10月17日の秋の例大祭には、町内の安全と繁栄を祈願します。秋祭りの際には、秘蔵の仁徳天皇の山車がお出ましになります。上の神社の写真をクリックしますと、神社にまつわる現当主の随筆が読めます。興味がある方はクリックしてみてください。


小江戸火消館

                

 岡田家出入りの職人である中野さんが、
コレクションの火消道具を展示している「小江戸火消館」です。
驚くべきは消防車もコレクションの一部で、これも展示されています。


蔵の街墨絵処・無料休憩所



蔵の街の墨絵が展示されている無料休憩所です。
岡田家出入りの大工の川崎さんが描いた墨絵や
秋遊二さんの写真を見ながら
ゆっくりと足を休めてください。