遐方(かほう)とは、辺鄙な土地という意味で、
空海様が、大慈寺第三世広智菩薩様の居住している
土地の様子を、表現するのに使われた言葉です。
そんな田舎からの発信という気持ちを込めました。


  ホーム
 遐方記一覧

  





 











 

 12     弘化二年大火の記述(2013、9、23)

 11     崇山大法王寺、参詣記 (2010,7,30

 10     神様か仏様か (2007,4,1

  9     通過オーライ (2006,4,1

  8     円仁の顔・・その三態 (2005,1,31

  7     自然について (2004,9,9

  6     寺院の運命、寺院のバイオリズム (2004,5,14

  5     日常生活への感謝 (2003,11,27

  4     池の歴史、尽きせぬ水 (2003、8,25

  3     対立するもののない世界 (2003,4,30)

  2     一年早々として・・ (2002,12,22

  1     「終わり」の難しさ 2002,9,7 )